不調続きで始めた瞑想

私は48歳ですが、目下不調続きの更年期年齢であります。
特に気になる症状は悪寒が最近酷く気鬱になる事もしばしば、おまけに頭痛が毎日のようにあり身体の張りも酷いので気持ちのコントロールが出来なくなるほどなのです。
病を経験し抗ホルモン剤を飲んでいるのでホルモン補充療法は出来ないもんで大変なんですね、あと気になる症状が眠れない、覚醒も有る為常に睡眠不足である事、たまに眠れれば半日でも寝ていられると言う何ておかしな睡眠サイクル。
これを何とかしていかないと気持ちが持たないですし、あと何年か続く訳ですから少しでも笑っていられるように簡単に出来る事を考えたら、そうだ!以前していた瞑想をしようと思い立ちここ1週間位から始めたのです。
私の瞑想方法は、蝋燭に火を灯しその炎を1分程見つめ火を消し胡坐をかいて両手を組みます、それから目を瞑りオデコに集中させて炎の残像を1・2・3と数えていくのです。
数えていくうちに残像は消えていきます。
その残像の数を段々増やせるように集中するのです、そうすれば余計な事を考えずに済みますので少しの間無になれます。
まずはそこからまた始めようと思い立ったのでした。
自分の身体を受け止めなければいけないのですが、最近開き直っていた部分があってこれではいけないと考えていましたのでこの経過もどのように変化したのかまたお伝えしたいと思います。