ちらし寿司への疑問

先々月の3月3日はひなまつりです。
本来であればちらし寿司を作って食事をすればよいのですが、子供達がちらし寿司をあまり好まないため今回は私の母親が五目御飯を作ってくれたのでみんなで美味しくいただきました。
スーパーで買い物をした際徐にこんな事を疑問に思いました。
どうしてひなまつりにちらし寿司を食べるのが普通なんだろうか??そこで私は検索して調べて見る事にしました。
見た目が華やかで、縁起のいい意味の食材を多く使っているのでひな祭りに食べるようになったとか。
そしてちらし寿司にはたくさんの具を使うので一生食べ物に困らない様にという願いが込められれているそうです。
○えびにはエビのように腰が曲がるまで長生きできるように
○大きく穴の空いたレンコンのように、遥か先まで見通せるように。
○健康にマメに働き、仕事がうまくいくように。
この3種は本来ちらし寿司を作る際に欠かせない食材であるとともに菜の花や卵を入れてより華やかなに彩を添えて季節の行事を楽しむのがいいようです。
なるほどと納得させられたのです。
昔から行事ごとに色んな意味を込められて食材がその季節ごとに使われている事を私は子供達にも伝えていかなければならないのだと思いました。