三色そぼろ弁当

毎日のお弁当作りで悩んでいる人も多いことだろう。
シンプルで飽きのこないものは長く愛されるということで、やはりここはそぼろ弁当に一票を投じたい。
三色そぼろ弁当にすれば、見た目手間がかかっていそうでそうでもないお弁当の一丁上がりである。
三色そぼろで一番簡単そうなのが卵そぼろ。
これはいいとして、一番めんどくさそうなのがひき肉そぼろではなかろか。
肉類を冷凍保存している人は、解凍時間から頭に入れなくてはならない。
だけど、なにも肉を使わなくてもいいのである。
それっぽい色合いのもの、そう、ツナ缶だ。
だけど煮込むのが面倒?
大丈夫、ツナ缶を器に空け、めんつゆを少々。
それをレンジでチンで加熱し、かきまぜるだけである。
ほら、遠目で見れば肉そぼろに見える。
だから手順はこうだ。
まず弁当箱にご飯を詰める。
めんつゆツナをレンジで加熱、その間に卵そぼろを作る。
冷蔵庫からおもむろに鮭フレークを取り出す。
卵そぼろ、レンジから出しためんつゆツナを少し冷ます。
鮭フレーク、卵そぼろ、めんつゆツナそれぞれを斜めに美しくご飯の上に載せ、青みに青じそやネギ、そら豆などちょこっと飾れば出来上がり。