音楽ゲームにハマってしまった

私が長年好きなゲームの話もひとつ。
中学、高校時代にドハマりしてから今になっても定期的にやり続けているのがゲームセンターのアーケード音楽ゲームです。

最近になってますますいろんな音楽ゲームが出てくるようになりましたが、私がやっているのは昔から変わらずポップンミュージックとbeatmaniaⅡDXです。

ここに来て先日新作が出たbeatmaniaの方が周りの影響もあってまた一気に火が点いてしまい、久しぶりにゲーセンに通う日々が戻ってきています。

近年は携帯のソーシャルゲームでも音楽ゲームを用いたアプリが多くリリースされていますが、やはりゲームセンターならではのボリュームあるサウンドと重低音の中で奏でられる音楽ゲームは別格だな、と改めて実感しています。

音楽ゲームといえばKONAMIが築き上げてきた文化だと私は思っているんですが(今ではいろんな企業から出てきていますが)、それは今も健在だと思っています。

もう昔からずっとKONAMIの掌の上で踊らされながら年を重ねてきた身なので贔屓目はあると思いますが、ゲームシステム以上に毎度素敵なサウンドを提供されているコンポサ陣が最強だなと思う次第で。

既に私がハマってから10年以上の歳月が経っていますが、これからも廃らないでほしいと思う文化のひとつではあります。