ファンも行く人もいるのでは

今、何かと話題にも秘境駅ですがここに訪れる人もいると言う。
こうした所に行くのもどうなのかと思われている人も多くいますが四国にこんな観光列車が走ることになった。

それがJR四国の「四国まんなか千年ものがたり」と言って3両編成の列車になっている。
これは香川県と徳島県の間を往復7時間で運行すると言う。

その間には車で行かれない所も行くコースになっていてその途中には秘境駅の「坪尻」駅で停車をして寄岩や紅葉が美しい所は速度を落としながら運行をする。
また、車両のデザインも季節の移り変わりで色が変わっている。

内装も古民家のイメージにしているので秘境駅ファンだけでなく旅行などする人にはもってこいの列車だと思っている。
地場産品を利用した料理も提供もするので注目が集まっていると言う。

JR四国と言うとアンパンマン列車や普通列車なのに新幹線が走っているイメージもあると言う。

あまり列車などに乗らいな人が多い事でこの様な企画は面白いと思っている。
観光寝台列車もいい所だと思うがこの様な事ではどうなのかと疑問視されている所もある。

この様な観光列車にすると普段はいかれない所も行けるので面白いと思っている。
これもJR九州をヒントにした事でこうした企画もあると思われているかも知れないと言う事になる。

今後はどんな企画した列車が走るのか楽しみだと思っている所だと言うのです。