ポンコツに泣きながらの心がけ

激務の1日でした。
私は広告等を扱う仕事をしておりますが、5月の仕事は特に忙しく毎年恐怖の月であります。
金曜日ということもあり、毎年のように覚悟しておりますが本日は大変激務でありました。
機械で作業をするのがメインの仕事、それに対し機械で作業したものを運んだりセットしたりするのがサブの仕事、私は月の半分を機械作業する係ですが本日の業務はいつもの金曜日の仕事量にすると1.5倍位のスポンサーからの広告に、広告内容もいつもの倍の分厚さでした。
私は手術で筋力を失ってしまっているので幾ら気力で頑張っても限界がありますのでこの激務は大変きいついものがあります。
しかし職場の先生も頑張ってる、みんな頑張ってる!!そういつも言い聞かせて日々を生きいていると言っても過言ではありません。
メインの作業を終えたら今度は残り時間でセットしなければなりませんが、今日はセットするにも両腕が悲鳴をあげて思うように動いてくれません。
いや~ぁ参りましたセットしたのはいいのですが持ち上げるのが大変で、そんな時はサブのサブの方が助けてくれるのです。
私の病気や身体の機能を知ってくれているので悲鳴が上がる時はいつも助けられております。
ですから、みなさんに迷惑をかけないようにせめて体調を整え不調でも休まないようにするのを心がけているのです。
激務ながらもほんの少しの休憩の時間が大いに笑えるので、そんな時間も大切なのだなぁといつも思います。

斉藤さんゲーム

これは職場での会話の中で私の先輩が聞いてきたCMの疑問でした。
身振り手振りを交えあのCMでねっ何とか何とか斉藤さんって踊りながらワイワイやってるの○ちゃん見た事ある??あれ何のゲーム??って聞いてきたのですが、私はそのCMのシーンを見た事がなくて斉藤さんってトレンディーエンジェルの斉藤さん??って聞いたら違う違う綾野剛が出てて女子高生と何とか何とか斉藤さんってゲームするんだよ。
そのCMとはドコモのCMなのですが、私が今まで見てきたCMとは違うバージョンでどういう意味か分からないので子供達に夕食の際聞いてみた。
そしたら娘はそのCMを見た事があると言う、しかし娘の話ではドコモとその斉藤さんゲームと言うCMがどうも噛み合わなくて息子に動画はないのかスマホで探してもらった。
そしたらあったのです、綾野剛が女子高生と机を囲んで楽しそうに何とか何とか斉藤さんって笑顔で踊っているのです。
この斉藤さんとはやはりトレンディーエンジェルの斉藤さんを意味しているもので、ギャグの一つが女子高生の間で人気になりこんな歌のようになったとか。
この斉藤さんゲームを女子高生としながらドコモの学割のCMになっているという事だったんですね。
ようやく意味が解ったので職場の先輩に説明したら、そうか~ぁいや~ぁ納得ですって。
それにしてもその動画を見た私は大爆笑だったんですよ、皆さんもそう思われてるかもしれませんがゲームをしている綾野剛さんってどことなくミステリアスなイメージであのCMのように弾けて踊るという動作を想像出来ないので、私はこの動画を見てこれおもろいなぁって何度も見ましたね。
そのゲームに出ている綾野剛さんの動きがこのCMを引き立てているように感じました。

ちらし寿司への疑問

先々月の3月3日はひなまつりです。
本来であればちらし寿司を作って食事をすればよいのですが、子供達がちらし寿司をあまり好まないため今回は私の母親が五目御飯を作ってくれたのでみんなで美味しくいただきました。
スーパーで買い物をした際徐にこんな事を疑問に思いました。
どうしてひなまつりにちらし寿司を食べるのが普通なんだろうか??そこで私は検索して調べて見る事にしました。
見た目が華やかで、縁起のいい意味の食材を多く使っているのでひな祭りに食べるようになったとか。
そしてちらし寿司にはたくさんの具を使うので一生食べ物に困らない様にという願いが込められれているそうです。
○えびにはエビのように腰が曲がるまで長生きできるように
○大きく穴の空いたレンコンのように、遥か先まで見通せるように。
○健康にマメに働き、仕事がうまくいくように。
この3種は本来ちらし寿司を作る際に欠かせない食材であるとともに菜の花や卵を入れてより華やかなに彩を添えて季節の行事を楽しむのがいいようです。
なるほどと納得させられたのです。
昔から行事ごとに色んな意味を込められて食材がその季節ごとに使われている事を私は子供達にも伝えていかなければならないのだと思いました。

ジャパネットたかた ラストステージ

ジャパネットたかた最後の社長熱唱ステージを見て爆笑していた。
「北国の春」を熱唱する社長と涙ぐむ社員たち。
ラストの商品は、カラオケマイク!
胸が熱くなる演出である。
物を売るって本当に難しいもので、私なんぞはちょこっとアフィリエイトやってるだけだけど(物販系)、この涙の意味もわかる。
ほんと、「お疲れ様!」である。
どれだけの苦労があっただろうか、計り知れない。
「北国の春」くらい熱唱したい気持ち、わかるよ!
まさかの展開に爆笑したが、この時ぐらい心から応援したくなったことはなかった。
ツイッターでも「なんだかジャパネットたかたの商品を無性に買いたくなってきた、やばい」みたいな書き込みもあった。
多分だけど、この瞬間かなり商品が売れたのではなかろうか。
また涙が嘘っぱちでなく、真実の熱い涙だったろうと想像できるので、よけいに応援したくなるのだ。
テレビショッピングの枠をほぼ独占し、長年売ってきた社長と社員一同。
いろいろな苦労や、言い表せないような悩みも抱えてきたんだろうな。
とりあえず、「長い間お疲れ様でした!」

焦った焦った

さっきまで真っ青になっていた。
自分のサイトにアクセスできなくなっていたのである。
ロリポップから「メンテナンスのお知らせ」は届いていたが、日にちが異なる。
どうも違う原因なんじゃないかと思って、いろいろ調べた。
その結果、独自ドメインを申し込んだ際に届いた「メールアドレス認証」メールをどうやら見落としていたらしいことが判明。
なんと1週間前に届いていたらしいよ。
圏外に飛ばされると、認証後最大72時間ページが表示されないとか。
やっと…半年以上かかって、1日50人が訪れる(少ない)までに成長した、紆余曲折あった私のサイトが、ただでさえ少ないアクセスなのに、さらに順位が落ちる?
真っ青になった意味もわかっていただけるであろう。
メールを泣きながら探しだし、「認証」をクリック。
10分後ぐらいに表示されるようになった。
本当に良かった。
早く再表示されたから、被害も少ないだろう。
私はこの時、神や仏を信じられると心から思った、何も信仰してないけど。
そしてすっかり涙も乾き、「もっとわかりやすいメールにしてよね~」などと悪態付きながらこの記事を書いている。

三色そぼろ弁当

毎日のお弁当作りで悩んでいる人も多いことだろう。
シンプルで飽きのこないものは長く愛されるということで、やはりここはそぼろ弁当に一票を投じたい。
三色そぼろ弁当にすれば、見た目手間がかかっていそうでそうでもないお弁当の一丁上がりである。
三色そぼろで一番簡単そうなのが卵そぼろ。
これはいいとして、一番めんどくさそうなのがひき肉そぼろではなかろか。
肉類を冷凍保存している人は、解凍時間から頭に入れなくてはならない。
だけど、なにも肉を使わなくてもいいのである。
それっぽい色合いのもの、そう、ツナ缶だ。
だけど煮込むのが面倒?
大丈夫、ツナ缶を器に空け、めんつゆを少々。
それをレンジでチンで加熱し、かきまぜるだけである。
ほら、遠目で見れば肉そぼろに見える。
だから手順はこうだ。
まず弁当箱にご飯を詰める。
めんつゆツナをレンジで加熱、その間に卵そぼろを作る。
冷蔵庫からおもむろに鮭フレークを取り出す。
卵そぼろ、レンジから出しためんつゆツナを少し冷ます。
鮭フレーク、卵そぼろ、めんつゆツナそれぞれを斜めに美しくご飯の上に載せ、青みに青じそやネギ、そら豆などちょこっと飾れば出来上がり。